買う 暮らす・働く 学ぶ・知る

マニラで廃タイヤのかばん話題に 

タイヤ自体もカバンとなる

タイヤ自体もカバンとなる

  •  
  •  

 マニラでバッグやアクセサリーを手掛けるショップ「Siklo(シクロ)Legaspi Park Makati City」の廃タイヤのチューブバッグが話題を集めている。

タイヤチューブも

 創業は2011年10月。オーナーのチャーリー・エクアイションさんは「丈夫なかばんを作るために廃タイヤのチューブを使ったら水にも強くタフなものが出来上がった。ベルトやアクセサリーなども作るようになり徐々に商品が充実しっていった」と当時を振り返る。

[広告]

 店名のシクロは英語で言う「cycle(サイクル)」。モーター「サイクル」ではなく「リサイクル」や「ライフサイクル」を意識して名付けたという。エクアイションさんは「タイヤチューブでバッグを作る程度で環境問題に何か影響を与えられる、解決できるとは決して思わない」としながらも、「こういった活動がいろいろな波紋を呼んで大きな力になっていくと信じている」と期待を寄せる。「フィリピンは今すごいスピードで発展しているが、環境問題はフィリピンの大きな課題でごみや大気汚染の問題は深刻」とし、「チューブのバックを見てライフスタイル、ライフサイクル、リサイクルの問題を考えるきっかけになってくれればすごくうれしい」と訴える。

 人気商品は、チューブバッグ(700ペソ=約1,750円~)、40種類のバッグデザインがある。「タイヤは日本、フィリピン、韓国、インドからのものを使っている。以前は中国のものも使っていたが品質が悪く今は使っていない」とエクアイションさん。

 「今後は製品を海外にも積極的に販売していきたい。展示会などにも出展するので見つけたらブースに寄ってほしい」とも。

 営業時間は8時~14時。日曜のみ開催。

  • はてなブックマークに追加