食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

マニラのカジュアル日本居酒屋が3号店 巨大肉ケーキも人気に

ローソクを消して野菜炒めに・・・

ローソクを消して野菜炒めに・・・

  •  

マカティの居酒屋「剣心」が11月8日、3店舗目となる「Makati Beacon店 (Arnaiz cor Amorsolo St)」をソフトオープンした。

夢はフィリピンのレストラン王

1号店は昨年5月にオープン。長年フィリピンで日本食レストランの運営に関わってきたフードコーディネーターの川崎崇(たかし)さんがメニュー開発を担当した。それまでのフィリピンの日本食レストランでは「刺し身の盛り合わせ」「煮込み」「鶏の空揚げ」などの定番メニューが主流だったが、同店はカジュアルなオリジナルメニュー「肉巻き」「炊き肉牛鍋」なども用意する。

[広告]

フィリピン人の好みに合わせて、ご飯がセットになったメニューをリーズナブルな価格で提供するなど工夫を凝らし、フィリピン人に支持される店づくりを行い、来店客のほとんどがフィリピン人。1号店開店から1年半で3店舗目のオープンにこぎ着けた。川崎さんは「このペースで出店を続け5年以内にメトロマニラエリアで10店舗を目指したい」と力を込める。

 人気メニューは卓上で客自身が作る「たこ焼き」、フィリピン人来店客のほとんどが「生まれて初めて」というたこ焼き調理にワイワイガヤガヤ言いながら興じる。「刺激的なハイボールを提供したい」と必要な強炭酸水を作るため、日本から炭酸水生成機をわざわざ持ち込んだ。6人以上の予約で注文できる「肉ケーキ」も誕生日パーティーで人気となっている。

 「1号店によく行く」というクリスティーナさんは「わくわくするクールなメニューが気に入っている。おいしいしリーズナブルな値段なので、これからも利用したい」と話す。

営業時間は11時~翌3時。