3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ

マニラで「塩」をテーマにしたNYスタイルケーキショップ

ザラッとした塩の食感が新しい「TOSI(トシ)」はモモフクの有名パティシエのインスパイアケーキ

ザラッとした塩の食感が新しい「TOSI(トシ)」はモモフクの有名パティシエのインスパイアケーキ

  • 0

  •  

 マニラ首都圏ケソンシティーに2月2日、「塩」をテーマにしたケーキショップ「Salt Bakery」(FB Dela Rosa St, Katipunan Ave, Quezon City)がオープンした。

ソルティッド・エッグ・カスタード・カップケーキ

 オーナーのサン・ティさんはニューヨークで約1年間、ベーカリーやスイーツ作りを学んだ。「ニューヨークで人気のヌードル・バー『モモフク』のデザート部門のコンセプトショップ『モモフク・ミルク・バー』など、いろいろなケーキショップやベーカリーを訪れNYスタイルに刺激された」とサンさん。

[広告]

 店名の通り、ケーキには塩が使われている。「甘いだけではなく、奥行きのある味わいを作り出すために加えている。モモフク・ミルク・バーのパティシエ『クリスティーナ・トシ』の技法に触発された」とサンさん。

若手パティシエに大きな影響を与えたクリスティーナのデザートの特色は、フレンチデザートのような洗練とは言いがたい「突拍子のなさ」が特徴と言われる。「今では他のパティシエもよく使うが、クラムクッキーをケーキのベースに初めて使ったのも彼女」とサンさん。

バタークリームをたっぷり使った「TOSI(トシ)」(125ペソ=約350円)はモモフク・バーのメニューに刺激された一品で、硬くならないバタークリームが評判。25秒間電子レンジで加熱されて提供される「Salted Egg Custard Cupcake(ソルティッド・エッグ・カスタード・カップケーキ)」(60ペソ=約168円)は、ザラッとした塩の舌触りが卵たっぷりのカスタードクリームの奥行きを強調する。

 「現在はまだ店のオペレーションがしっかりできていなくて悪戦苦闘中」というサンさん。「フィリピンでは珍しいNYスタイルを味わってほしい」とも。

 営業時間は10時~22時。

Stay at Home