天気予報

30

26

みん経トピックス

マニラ、ジプニー消滅の危機比バレンタイン、生花店混雑

マニラ湾岸のバクラランエリアに日本食フードコート

マニラ湾岸のバクラランエリアに日本食フードコート

豊山さんの発案でコスプレ、来店客には好評という

写真を拡大 地図を拡大

 マニラ首都圏パサイ市バクラランのショッピングセンター「Victory Mall」の4階に2月1日、日本食レストランを集めたフードコート「横丁(Yokocho)」がオープンした。

 同フードコートを企画した豊山さんは元々ラーメンスープの卸業者。お客さんから「ラーメン博物館をマニラに作ってほしい」と依頼され、2015年にマニラを訪れた。「初めてマニラに来てからさまざまなレストランを訪れた、印象に残ったレストランは『日本橋亭』や『リトルトーキョーのレストラン』。活気があるなと感じた」と振り返る。

 ショッピングセンターのオーナーから場所提供の申し出があり、1フロア800平方メートルのスペースに10店舗の出店を取り付けた。「テナントがすぐに決まったのは自分の友人ばかりを集めたから。フィリピンは外資規制があり単独での出店はハードルが高いので、フードコートへは安全でリーズナブルに出店できるのではないか」と話す。

 豊山さんは「出店した店のフランチャイズ展開が次のステップ、チャンスがあればフードコートも増やしていきたい」と力を込める。

 バクラランはマニラ空港に近いマニラ湾沿いにあるエリア。マニラで長年ガイドをするルーイさんは「このエリアは治安が悪く、日本人は少ないエリア。夜間は避け、身の回りのものには厳重に注意し、知らない人に日本語で話しかけられても無視するなど行動には注意してほしい」と呼び掛ける。

グローバルフォトニュース