見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

フィリピン発アメコミキャラクターのパーカが人気 手袋付きなど機能性追求も

スーパーヒーローチーム「Justice League(ジャスティス・リーグ)」のフーディー

スーパーヒーローチーム「Justice League(ジャスティス・リーグ)」のフーディー

  •  
  •  

 AUTHORITY HOODIE(オーソリティ フッディー)社のパーカ(フーディー)が注目を集めている。

 同社は、「ah!」のブランド名でアメリカンコミックのキャラクターをモチーフにしたパーカやジャンパーを展開している。マニラ首都圏で開催されるアニメ、漫画、映画、ゲームなどのイベントに精力的に参加していることから、それらの愛好家の間では広く知られた存在。 

[広告]

 まだ学生だったニコル・ヴァレントンさんが2012年にブランドを立ち上げた。いつも手が冷たいという問題を抱えていたために、ジャケットが手放せなかったヴァレントンさんが「せっかくなら手袋付きのファッショナブルなジャケットが作れないだろうか?」と思いついてできた「パンダ フーディー」が驚くほどよく売れた。

 これをきっかけに、ノベルティのプリントTシャツを扱う会社を始めたところ、1年もたたないうちに帽子、プルオーバー、ポップカルチャー・パーカなどのアイテムを加え事業を拡大。現在は5大陸20以上の地域に顧客を持つという。

 ヴァレントンさんは「当社の製品は、100パーセントフィリピン製。デザインは独自性を持ち、それぞれのパーツは綿密に考案されている。素材はソフトで着心地は抜群。パッチワークは丈夫で、高品質の仕立て。それでいて価格は大変お手頃」と自信を見せ、「今後はDC(スーパーマンやバットマンの漫画出版社)のライセンスをもっと取得し、技術面も発展させたい。そして、より良い縫製工場を作って、海外に出稼ぎに行くことなく母親たちが働ける場にしたい」と語る。

 人気アイテムは、「パンダ フーディー」「DCフーディー」(1,200~1,500ペソ、約3,000~3,750円)。アイアンマンのソーラーライト付き「スターク・インダストリーズ フーディー」(900ペソ、約2,250円)。同社のフェイスブック上から注文ができる。

  • はてなブックマークに追加